NSKワーナー株式会社(日本精工グループ)

  • NSKワーナー株式会社(日本精工グループ) 企業情報
  • NSKワーナー株式会社(日本精工グループ) 企業情報
  • NSKワーナー株式会社(日本精工グループ) 企業情報
  • NSKワーナー株式会社(日本精工グループ) 企業情報
  • NSKワーナー株式会社(日本精工グループ) 企業情報
  • NSKワーナー株式会社(日本精工グループ) 企業情報

自動車用ワンウェイクラッチで国内シェアNo.1。

摩擦をコントロールする技術力でドライバーの思いを実現。世界の自動車産業を支えています。

企業案内

自動車用ATの心臓部ともいえる、クラッチを手がける専門メーカー。

当社は自動車用オートマチックトランスミッション(AT)部品主体の専門メーカーです。主力製品の「クラッチ」は、摩擦をコントロールし、エンジンの動力を伝達・遮断する機能を持った部品であり、自動車の滑らかで力強い走りを支える重要な役割を担っています。

グローバルな競争力で、国内外の自動車メーカーに幅広く納入。

ワンウェイクラッチは、回転の一方向にのみトルクを伝える特殊な部品で、自動車用ATをメインとし、幅広い用途で使用されています。当社では1966年にワンウェイクラッチの生産を開始して以後、精度・品質・信頼性を絶えず追求してきました。特に自動車用ATに組み込まれるワンウェイクラッチや摩擦材製品は、その技術力の高さが評価され、国内外を問わず自動車メーカー各社に採用されています。また電動化に向けた製品開発にも取り組んでいます。

*ワンウェイクラッチの国内シェアNO.1 :2021年4月現在(自社調べ)

ここがポイント

業界内の特長

「摩擦」という目に見えない力を、徹底的に分析・研究してきた当社。AT部品開発の大手企業である米国のボルグワーナー社をはじめ海外の材料メーカーとの共同研究・開発に早くから取り組んでおり、グローバルな製品開発や基盤技術力の向上を実現。自動車産業の更なる発展に貢献しています。

仕事内容

理系職種では、製品開発・設計、生産技術、品質保証、生産ライン管理など、文系職種では人事、経理、生産管理、購買などの様々な部署が連携し、製品を生み出しています。当社の企業力の原点は、製品技術・加工技術・管理技術の三位一体。より高い技術を目指して社員全員で切磋琢磨しています。

働く環境

社員全員が更なる技術の高みを目指して切磋琢磨する風土と、個々の発想や挑戦する姿勢を尊重し助け合う風土が両立している環境です。社員が存分に力を発揮できるよう豊富な研修制度や充実した福利厚生も整っています。また、「愛野祭」や「ふくろい遠州の花火」を通じ地域との融和にも努めています。

企業データ

事業内容 ワンウェイクラッチ、摩擦材製品、クラッチパック製品の研究・開発・製造
設立 1964年8月
代表者 取締役社長 新井 稔
従業員数 988名(2021年3月末現在)
資本金 5億5,000万円
売上高 525億円(2021年3月期)
本社所在地 静岡県袋井市愛野2345番地

募集・採用に関する情報

直近3事業年度の新卒採用者数と離職者数

2021年度:採用者2名 離職者0名
2020年度:採用者8名 離職者0名
2019年度:採用者12名 離職者0名

直近3事業年度の新卒採用者数の男女別人数

2021年度 男性1名 女性1名
2020年度 男性6名 女性2名
2019年度:男性10名 女性2名

平均勤続年数

19.0年(2021年3月時点)

連絡先

NSKワーナー株式会社
総務人事グループ 採用担当
mail: nwc-e-jinzai@nsk.com
TEL: 0538-43-1121
FAX: 0538-43-1595

NSKワーナー株式会社(日本精工グループ)