関西プラスチック工業株式会社

  • 関西プラスチック工業株式会社 企業情報
  • 関西プラスチック工業株式会社 企業情報
  • 関西プラスチック工業株式会社 企業情報
  • 関西プラスチック工業株式会社 企業情報
  • 関西プラスチック工業株式会社 企業情報
  • 関西プラスチック工業株式会社 企業情報

岡山に本社を構え、半導体・液晶製造関連装置を
一貫して手がけるBtoB企業。2023年秋 新社屋、竣工します!

創業73年!パソコンやスマートフォン、自動車の車載器などの製造に欠かせない製品を展開しています。

企業案内

「半導体製造工場」をグローバルにローカルから支える。

デジタル化、自動化が進む現代社会に欠かせない半導体。当社は半導体プラント向け超純水製造装置を中心に、さまざまなユーティリティ設備を一貫して手がける企業です。岡山県倉敷市を拠点に、提案型の高い技術力、サービス力、機動力を活かしたオーダーメイドの製品づくりを展開。それらは国内外大手半導体工場に納入するなど、高い評価を獲得しています。

半導体・液晶製造メーカーを支える「縁の下の力持ち」。

設計から製作・施工までワンストップで行う当社では、顧客満足獲得を追求するために「5つの顧客満足」を定め、その実現のため、コアとなる技術とノウハウを研いています。コア技術は配管技術、クリーン・安全施工、ユニット化・プレハブ化、電気計装の4つ。高度な技術によってつくられる製品は世界中に届けられ、皆さんが使っているそのパソコンやスマートフォン、液晶テレビなどの製品づくりを支えています。

ここがポイント

成長戦略

2018年7月に創業70周年を迎え、常に新たなニーズを捉え、培った技術とノウハウで新たな製品をつくり続けています。例えば都市部での緑化事業を支援する「地下水浄化装置」、食品廃棄率減少につながる「静電気発生装置」など、環境問題を意識した社会貢献につながる装置に関わっています。

岡山県がSDGsへの取組みを積極的に行うことに伴い、当社でもSDGsプロジェクトチームを立ち上げました。経営理念である「願いは社会への貢献」を軸に、新社屋・新工場建設を2022年2月より開始、そこに「ZEB(Net Zero Energy Building)」と「木を使うことで森を守る」をひとつのキーワードとして織込んでいます。「木を使うことで森を守る」とは、戦後復興の為に木を伐り過ぎてはげ山が多くなったので60年前に木材を都市建築に使ってはいけないという法律が出来たため日本の山の保全が出来たのですが、60年を経て木が十分育ち早く伐って植え替えないと山が荒れてしまうため、国産の木を多用する必要性が出ており岡山県産の木材を使うことで「放置される一方の森を守る」というコンセプトです。『地球環境保護』が叫ばれて久しい昨今ですが、今まで科学技術の進歩の陰で壊されていった地球を、元のように修復していくことがこれからの技術だと考えます。「壊すのも技術なら、復元するのも技術」。私たちは地球にやさしい技術を追求していきます。

工場建設は当面の間続きますが、新生「関西プラスチック工業」はここ倉敷のランドマーク的存在に生まれ変わり、「始動」します!

仕事内容

半導体・液晶関連製造装置のシーケンスソフトのプログラミングや制御盤の製作設計、装置内、現地での電気・計装関係設計など多岐にわたる業務があります。機械設計担当が大まかな装置の枠組みを作成し、計装設計がそれを元に、電気系統等の部分の設計を図面に落とし込みます。施工管理は設計図面を見ながら、半導体関連装置を組み立てていく、モノ作りの好きな人向きの仕事です。入社後は先ず組立作業で必要な知識・技能を習得していきます。

働く環境

製品を一貫して手がけるため、各工程や一連の流れを把握しながらモノづくりに携わることができます。オーダーメイドの製品を扱うので、顧客ごとに求められる要求度が異なり、その点の難しさはありますが、自分の提案を設計段階で反映して進められるので、技術者として非常に刺激があり、スキルを磨くことができる環境です。施工管理は自分たちが作っていくモノが形になっていくので、「作り上げる喜び」が実感出来ます。覚えた技術力は本人の「財産」となり、仕事や工程管理を経験していきます。出来上がった装置の据付などの出張工事もあります。またチームとしての団結力も高まっていきます。

企業データ

事業内容 半導体製造関連等 装置設計・製作
プラント向け等装置・配管設備の設計施工
特殊用途向け配管加工・製作・施工
各種装置の制御盤・監視盤の設計・製作
設立 1948年7月2日
代表者 代表取締役社長 藤南 直人(和将)
従業員数 64名(2022年4月現在)
資本金 1,100万円
売上高 14億100万円(2021年3月期)
本社所在地 岡山県倉敷市四十瀬331番地の3
事業所 本社・工場(岡山県倉敷市四十瀬331-3)
横浜営業所(神奈川県横浜市港北区新横浜3-20-5)

募集・採用に関する情報

平均勤続年数

8.8年(2022年3月末現在)

連絡先

関西プラスチック工業(株)
〒710-0835 岡山県倉敷市四十瀬331-3
TEL :086-425-1131 FAX :086-425-1737
MAIL:m.inoue@kanpla.com
担当:井上

関西プラスチック工業株式会社